マンションを貸すことによるメリットについて。

私の体験談

私の体験談 / 一気に数千万単位の収入は魅力だけど / 継続的な収入も魅力

マンション貸すことによるメリット、それは何と言っても「継続的な家賃収入」に尽きると言えます。
それを説明するために、少し私の体験談を織り交ぜながら、話を進めて行きましょう。
さて、まずは簡単に自己紹介からはじめて行きます。
私は普通の会社員ですが、ひとつの経験として、「引っ越しを伴う転勤」をしたことがあります。
そして、その際には、自宅マンションを手放さなければなりませんでした。
いわゆる「普通のサラリーマン」ならば分かると思いますが、住宅取得後の転勤は、恐怖でさえあります。
と言うのも、その人にとって、住宅購入はそれこそ「一生の買い物」であるからです。
これは確かに地方によることでしょうが、数千万円の費用を新たに出して購入する住宅の例が、かなりの割合を占めることと思われるからです。
そして、それはかなりの確率で「住宅ローン」を伴う購入となります。
更に言うならば、そのローンの月々の返済額は、収入の内の結構な割合を占める場合が多いので、せっかく手に入れた不動産を、強制的に手放さなければならない「この会社の冷酷な命令」は、その人の人生を狂わす、とも言えるのです。
さて、私の例に話を戻しましょう。
転勤の辞令を受け、引っ越しが決まった私にとって、自宅マンションをどうするか、それが悩みのタネとなりました。
道は二つにひとつです。
すなわち、売却するか、貸すかです。
最初に売却について思った事を述べましょう。
売却はその名の通り、「売って、所有権を完全に手放す」ことです。
そして、その時の収入は、一気に数千万単位になります。

マンション 貸すマンション・家など不動産を貸す/貸したい方